ネットワークカメラで映像を録画|証拠映像の画質

映像を外出先でも監視

男性

製品自体の進化が進み、ネットワークカメラの映像は外出先でもインターネットを経由してスマートフォンで視聴できるようになりました。このような製品は一般家庭でも設置可能となっているのです。

Read More..

安心のサポート環境

婦人

ネットワークカメラは便利な防犯設備ですが、素人だけで導入を進めるのは難しいともいえます。導入を考えている場合は販売から設置、初期設定まで一貫して対応してくれるサービスを利用しましょう。

Read More..

画質を左右する要素

ウーマン

人通りが少ない地域や該当が少ないエリアでは住宅周りの防犯設備が重要となってきます。防犯設備は様々な製品がありますが、その中でも防犯効果が高いといわれているのが、ネットワークカメラなのです。お手軽に設置できる防犯設備ですが、購入する際は選定ポイントを事前に把握しておくことも大切です。そうすれば、導入した後に後悔することも無いでしょう。ネットワークカメラを選ぶ際に重要となる要素はカメラに搭載されている画素数です。画素数が低すぎるとカメラに写り込んだ人物を判定するのが困難となります。違法駐車や不法侵入者を特定したいと考える人はナンバープレートの番号や顔が鮮明に映るレベルの画素数を搭載したネットワークカメラを購入しましょう。
購入時の注意点としては対応するレコーダーを同時に購入するということです。ネットワークカメラの画素数が高い数値でも、その映像を録画するレコーダーが画素数に対応していないと意味が無くなってしまうのです。このような問題を回避するためにもネットワークカメラとレコーダーはセットで購入しましょう。また、バリフォーカルレンズを搭載したネットワークカメラを選ばないと、ピントが固定された製造になってしまうのでこちらも注意が必要となってきます。夜間での運用を考えている場合は赤外線機能を搭載したネットワークカメラを購入するのも大切です。消耗品の防犯設備なので3年保証に加入しておけば故障時にも対応することができるでしょう。

まとめ買いのメリット

積み木の住宅と鍵

高価だと思われがちなネットワークカメラですが製品によっては10万円をきるモデルもあります。そのような製品と合わせて国の助成金制度を活用すれば、お手頃な価格で防犯設備を充実させることが可能です。

Read More..